メンテナンスをしてたつもりが抜髄に!

以前、親知らずの抜歯のために通い始めた歯医者さんがあったのですが、メンテナンスに何回も通わなくてはいけないのが面倒で、他の歯医者さんへ乗り換えてしばらく通っていました。そこではメンテナンスは3ヶ月に一回でしたがいけば一度で終わるし、日曜日もやっていたので都合がつきやすかったのです。
ですがあるとき、左の奥歯にものを噛むと痛むような感覚がしばらく続いていたので、メンテナンスの際に衛生士さんに相談したのですがそのときは少しチェックしたのちまた痛むようなら言ってくださいという感じで、しばらく様子を見ていました。

しかし、やはり痛くて数週間後に先生に診てもらう事に。最初は小さな虫歯と軽い歯肉炎だということで、虫歯を治療してもらって終わりました。
ところが、痛みはほとんど変わらず、しかもこの時にはどこが痛いのかよくわからないようになっていたのでもう一度診てもらったのですが、やはり診断は歯肉炎ということで抗生物質を処方してもらい痛みに耐えました。

3日間薬を飲みましたが痛みは増すばかりで、以前通っていた歯医者さんに駆け込みました。そして、レントゲンを撮ってもらうとなんと大きな虫歯があったのです!もう抜髄するしかなく、処置にも2時間ほどかかってしまいました。考えてみれば、何度も診察してもらった歯医者さんでは通い始めたときのレントゲンしか確認しておらず、何度も痛みを訴えているにもかかわらず新たなレントゲンは撮っていませんでした…もっと早く確認してもらえれば、こんなに苦しまなかったのになあと思ってしまいます。

また、病院のシステム的にも衛生士さんに訴えたことが先生に伝わっていないようにも感じました。
今思えば、面倒くさがらずに前から通っていた歯医者さんでメンテナンスもしていれば、もっと早くに虫歯を発見できたかもしれないと感じています。歯医者さん選びというのは本当に大切だなと思った出来事です。

私はもともと治療箇所も多いので、これからもしっかりとメンテナンスしていかないと、抜髄しなければいけない歯がどんどん増えてしまうので、これからは面倒くさがらずにメンテナンを頑張って、なるべく多くの歯を残したいと痛切に思います。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。