ブログに写真や絵が入っていないのはどうなの?

ブログを読んでいると、長々として立派な文章を書いている人は多いな~という印象です。
長い文章は悪く無いですが、写真や絵が入っていたらもっと読みやすくなるのにな~と思うことがしばしばあります。
それは何故かと言うと、写真と絵が入っていたほうが想像力を働かせやすくなることがあるでしょう。
関連した写真と絵が適度に登場してくることで、文章を読むときの助けになります。
文章だけだと想像しにくいことも、写真や絵があることで想像力を働かせやすくする効果があります。
読みやすくなることも挙げられます。写真や絵が、文章の区切りになるということです。
また、これは重要ですが、印象的な写真や絵があると、読んだ人の頭にその絵が焼き付くということがあります。
また見てみたい写真や絵というのは必ずあるもので、興味を引くような要素が充実したブログのほうが、きっと集客力も高くなっていくのでしょう。
文章が短くても、写真が1枚あるだけで存在感は全く違ってくることにもなります。
一行だけの記事なんていうのもありますが、はっきり言って読む価値があるのか疑問です。
それならせめて写真か絵を一枚乗せて、それがとても印象的なものだったり、心を感動することができるものだったら、1行の文章だけでも納得が行くこともあります。
問題はどこから持ってくるかですが、自分で撮影したり描いたりということは基本でも、どうしても撮影できない場所というのは存在します。
アメリカのグランド・キャニオンの記事を書くなら、グランド・キャニオンの写真を一枚欲しいところですが、軽々しく撮影に行けるわけでもありません。
それなら無料で写真や絵を利用できる、写真素材サイトの写真を利用してみてはどうでしょうか。
フリー写真投稿サイトは多数の人々が投稿した写真を、自由に使うことができます。
人物、自然、物の写真・絵などいろいろで、探してみるとグランド・キャニオンの写真もありますから、使わない手はないでしょう。
computer_tablet

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。