大阪に単身赴任中の主人に友人ができました

主人が大阪に単身赴任して半年が経ちます
主人はどちらかというと無口で口下手、真面目一辺倒の人です。
辞令がでたときは、主人は正直悩んでいました。
というのは大阪の人のイメージは明るくてマシンガントークで、ぼけつっこみができないと「つまらんやつ」と言われ、よく思われないかも…と心配で、仕事や単身赴任ということより大阪での人間関係に対して不安があったのです。
行ってすぐは電話で話しても、週末や連休に帰ってきても、愚痴が多かったのですが、それからしばらくして電話で話したときの声が明るく感じたので、私はホッとすると同時に(浮気でもしてるんじゃ?)なんて、かるく怪しんでしまったくらいです。
よくよく聞くと営業所のメンバー行きつけの居酒屋やスナックに行くようになって、大阪の友人が何人かできたそうなのです。
みんな同じく単身赴任中だったり、訳あって独り身だったりして家に居ても暇で寂しいので、安いお店で呑んで語り合うそうなのですが、第2の青春といっていいくらい友情を育んでいるそうです。
無口な主人が大阪の人とどうやって会話をしてるんだろう?
聞き役に徹してるのかしら?と、思ってましたが、こちらに帰ってきたときにゆっくりしながら聞いたら「大阪の人でも静かな人はいるよ。
でもポソッという冗談やツッコミがおもしろいんだ」とニコニコしながら言うのです。
私は理解ができなくて「静かな大阪の人って、いまいち想像できない」と首をかしげると「兄弟のお笑いコンビがいるじゃん?弟はおもしろくてよくしゃべるけど兄は静かじゃん?ああいう感じ」と具体的に説明され、ああなるほどと納得しました。
主人が大阪に単身赴任して土地や人に馴染めずストレスを溜めて病気にでもなったらどうしようとほんとうに心配だったので、友人ができ楽しく過ごしているようなのが自分のことのように、いやそれ以上に嬉しいです。
今度子供を連れて初大阪を満喫する予定なのが、今いちばんの楽しみです。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加