たまに食べるカップラーメンは美味

今日は食事が一人だったので手を抜いてカップラーメンにしました。

元々麺類全般大好きで、しょっちゅう麺を食べています。

ラーメン・うどん・そば・パスタ・担々麺等々、「麺」だったら種類を問いません。

カップラーメンも好きなのですが、あまり食べ過ぎると体に良くないと思ってたまにしか食べません。

で、今日はその「たまに」に当たる日だったのです。

コンビニでカップラーメンのカレー味、しかも「大盛り」を買ってみました。

家に帰ってすぐに電気ケトルでお湯を沸かし、ふたを開けてお湯を注ぎ、三分待ちました。

この三分間が普段過ごす中で感じる三分間よりも、ものすごく長く感じるのは私だけでしょうか(笑)

そして、いよいよ三分待った後にふたを開いて、中身をよく混ぜて(カレー味のカップラーメンは特によく混ぜないとスープが後半どろどろになりますからね)一口食べました。

感想は・・・「やっぱりたまに食べるカップラーメンは美味しい!!」です。

この「たまに」がミソなんです。
その昔、頻繁にカップラーメンを食べていた時期があったのですが、カップラーメンの日が続けば続くほど段々と飽きてきます。

味を変えてもやっぱり飽きるのです。
濃い味付けだからでしょうか?

たまに、くらいが丁度良いのだと思います。
さて、先ほどのカップラーメンを食べ進めていくと程なく満腹感が襲ってきました。

昔はこれくらいの量をペロッと平らげていたのに・・・。

全部食べ切る前にお腹いっぱいになるだなんて、私の胃袋はどうしてしまったのかと驚きを隠せませんでした。

やはり人は年と共に食が細くなるという話は本当だったようです。

身を持って実感しました。でもまだ残っているカップラーメン、このまま残すのは勿体ないなぁと思って一気に食べきってしまいました。

この食べ物であふれかえった世の中、少々残しても誰からも咎められることは無いのに、ついつい胃袋の中に押し込めてしまう。

あぁ、こうして人は太っていくのですね(涙)

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加