今更ながら見直した漢方薬の効き目

我が家の家族、季節の変わり目に弱いメンバーが多いです。

といえばまあ花粉症があったりして大変だけれど、それだけじゃないんです。

風邪をひいて熱を出したり、やたら食欲が落ちたり、胃腸の調子が悪くなったり、頭痛で寝込んだり。

1人ならともかく、2人以上同時にとなるとけっこう困ります

先々週先週とパパがなんだか胃腸の調子が悪くて食べられない、ご飯茶わん半分も入らない、しかもイライラする、疲れが溜まるなどの症状がずっと続いていました。

そこへ持ってきて今度はお姉ちゃんが夜になるとなんだか喉が詰まる感じがすると言い出す。吐き気もする、という。

mask_woman

さて困りました。

お姉ちゃんのほうは一応病院に連れて行きましたが、どうも風邪でもなさそうで、病院の先生も首を傾げつつ、取りあえず吐き気止め出しますから様子見て下さい、という事に。

でも吐き気止めを飲むと一応は眠ることは出来ますが、翌日また同じ状態の繰り返し。

なんとかならないかな~と思いめぐらせていたら、ちょっとピン!とくることが。

そういえば、おばあちゃんが内科で漢方薬をもらっていたっけ。

もしかしたらそういうはっきりしない症状にこそ漢方薬っていいんじゃないの?

少し前のTV番組で、漢方薬は幅広い効能があり一般の病院のお医者さん達でさえ実は漢方薬を常用している人が多いって言ってた、

お姉ちゃんやパパにもものは試しに使ってみたらどうかな。

ということで、調べてみたところ、お姉ちゃんには「半夏厚朴湯」という漢方薬がちょうど症状にぴったりだったのでネットの薬通販で即購入

プラス、パパにもと思ったけれど、こちらはけっこう悩みました。

だって・・パパの年齢からしてもしかしたら更年期症状?かもしれない・・でもでも、パパ自身は胃腸系の具合の悪さと疲れ、イライラ感を訴えてるし・・ そこでまずは、最近の仕事の忙しさや長い通勤時間による疲労を軽くするのが先かなと「補中益気湯」という漢方薬を選択、購入しました。

で、届いたその日から2人には飲ませてみましたよ。

幸いなことに2人ともに漢方薬の味には抵抗がなくて、あ、この分だと証に合っているのかも、と思っていたところ、驚いたことに翌日からすでに効果の兆しが出ました。

漢方薬って効果がわかるまでに1ヶ月とかかかるんじゃなかったっけと目を丸くしていた私。

実は、内心、漢方薬に対してどこか疑う気持ちもあったんですよね。

今回の結果を目の当たりにして、自分の思いこみに反省しました!

飲み始めて3日も経つと、あんなにしばらく調子が悪い状態が続いてた2人がバクバク食べ始め、パパなんか仕事帰りにバーガーキングでワッパーを買ってくる始末。

まあったく。でもこれで一安心です。

さすがに漢方薬に対して認識が変わりましたよ。

今度からはうさんくさいなんて絶対思わないから~。もっと効能を勉強しとこう

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加