色次第で遮熱塗料の効果が変わってくる事も

遮熱塗料が効果を発揮するか否かは、状況に左右されます。

状況によっては大きな効果が発揮される事もありますし、それほど温度が低下しなかったという事例もあります。

ではどのような要素で差が生まれるかというと、色ですね。屋根部分に対しては元々塗料が塗られていますが、その色次第では効果が違ってくると言われているのです。

そもそも色というのは、光の吸収と大きな関係がありますね。

一般的に濃い色の場合は、光の吸収度合いが大きくなると言われています。

つまり黒い色や紺色などは、多くの光を吸収してしまう一面があるのですね。

このため屋根の部分が元々黒い色になっているような時には、ちょっと夏場は暑くなると考えた方が良いでしょう。

逆に屋根が白くなっている事もありますね。

白い色の場合は光を反射しやすくなりますので、それほど夏場は暑くならない事もあるのです。

そして遮熱塗料が効果を発揮しやすいのは、やはり黒だと思います

光が吸収しやすくなっている所にその塗料を塗る訳ですから、それで室内の気温が8度ほど低下するかもしれません。

しかし白色の場合は、8度ではなく5度や3度などと少し低下する度合いが低くなる場合があります。

もともと白色は光を反射しやすい性質を持っている訳ですから、その塗料を塗っても劇的に温度が

下がるとは限らない事もあります。

特に室外機が白い時などは、その傾向が顕著と言われているのですが。

このようにその塗料で建物内の温度が何度ほど下がるかは、色に左右される事もある訳ですね。

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加