遮熱塗料だけで簡単に省エネ・節電を実現できる

省エネや節電のために、エアコンの使用を控えているお宅は多いのではないでしょうか。
たしかにエアコンは電気の消費量が多く、一人一人が使用を控えることでかなりの
省エネ・節電につながります。
しかし、そのために夏のひどい暑さや冬の厳しい寒さを我慢し続けると、人によっては
体調を崩してしまうこともあります。
一番理想的なのは、無理なく省エネ・節電を実現することです。
そのためには、建物の遮熱性を高めることが効率的だと言えます。

建物の遮熱性を高めるというと、多くの人が大がかりなリフォーム工事を思い浮かべるかもしれません。
しかし、最近は高い遮熱効果を持つ塗料が開発されており、屋根や外壁に塗装するだけで遮熱性を高めることが可能となっています。
屋根や壁の内部に断熱素材を挿入するといった大がかりな工事を必要としないため、費用面でかなり安く済む点が大きなメリットとなっているのです。

遮熱塗料は各メーカーからいろいろな種類が販売されており、素材や耐久性、メカニズムなどにもそれぞれ違いがあります。
また、屋根用・外壁用と、塗布する場所によっても適した製品が異なります。
素材は主に、アクリル・ウレタン・シリコン・フッ素に分かれますが、最新の遮熱塗料にはセラミックが配合されたタイプなどもあり、その種類は非常に細かく分類されます。

また、遮熱塗料には赤外線を反射するタイプや、熱を遮断するタイプなどがあります。
室内の温度は太陽光によって上昇してしまうことが多いため、赤外線を効率よく反射させる働きを持つ遮熱塗料が非常に役に立ちます。
一方、熱を遮断するタイプの塗料にはセラミック素材の中空ビーズが含まれており、塗膜に細かな空気層を作り出します。
この空気層が外気の熱を遮断し、室温を快適に保てるようになっているのです。

性能の高いNASAの技術の省エネ遮熱塗料は一般的な塗料よりも価格が割高になりますが、その分節電効果が非常に高く、長い目で見れば光熱費にかなりの差が生まれます。

Y5MCA0RPMGFCAYD9SU8CAANQ63GCADE31KKCAR5J7L0CAN5IBXRCAJ0158WCAPJHX3PCAHZHW0HCA2FKVQMCAUGOTOBCAFA54QBCA1K7A9PCAK01ATNCAHR729DCA164RD0CAXZFLI5CAB4TK1GCAAE9WIG

スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。