2016年08月 一覧

スポンサーリンク

好きも嫌いも他人を気にして言えないなんて

音楽を聴くのが好き、と胸を張って言えません。
好きなアーティストもいる、CDも買う、ラジオで好きなアーティストがゲスト出演した時は正座しながら聴く……けど胸を張って音楽が好きです、とは言えません。

胸を張って音楽が好きだ、と言える人は、ガンガンにライブに行く人だと思っています。
私は3年前に好きなアーティストのライブに行ったきり行ってません。そのライブも数年ぶりに行ったので緊張したのを覚えています。
ライブに行きたくないわけではありません。ライブが怖いんです。
3年前のライブで、激しいモッシュを見ました。遠かったので巻き込まれませんでしたが、もしあの場にいたら、と思うと怖くなりました。
モッシュの渦中にいる人達は楽しそうです。でもぶつかり合う人達を見ていると狂喜のような異常な雰囲気を感じてしまい、怖じ気づいてしまいました。
好きなアーティストの生の音を聴きたくて、行きたくなったり楽しみに待ったりしていたのに、それ以来ライブに行くことを拒絶しています。
モッシュ以外にも、高校生の頃に行ったライブで、整理番号で開場に入るのを待っている間に、ジロジロ見られている気がしたので、その場から離れようとしたのですが、その人も付いて来る!!すぐに私の整理番号が呼ばれたので振り切れましたが、怖かった思い出があります。
音楽ファンがライブに行くのが当たり前!ライブは楽しい!という強要させる雰囲気を醸し出している人がいるのが苦痛です。
CDの音だけ聴いてるだけではファンと呼べないのでしょうか。
ラジオも聴いてます。

音楽を聴くのが楽しいです。
でも、ライブに行かないファンは許されないような気がするので、胸を張って音楽が好き、とは言えません。
巻き込まれたわけでもないのにモッシュが怖いなんて言うのも変ですが、想像だけで怖いんです。
怖いなら来なくて良い。
だから行ってません。

なんとなく悲しいし寂しいんですけど、行きたい気持ちはもちろんあります。でも、CDなら一人でゆっくり聴けるし、ライブ映像とか音源でその場
の空気に浸れます。今はそれが一番幸せです。
ライブでもスタンディングじゃなくて座席があれば行きたいなぁと思えます。
またそれはそれで音楽ファンが盛り上がりに欠けるとか言ってそう…。
偏見ですけど(笑)。でも毎週とか毎月ライブ行ってる人達って、生で聴かないと損、生で聴かない人はファンじゃないって思ってそう……また偏見ですけど。
だから音楽を聴くのが好きですと胸張って言えないんです。
気が小さい自分が嫌です。

誰に言うわけでもないのに、胸を張れないなんて、馬鹿げてますね。
好きなものは好き、と周りの視線を気にせずに、胸を張れるように生きたいです。
otaku_otagei


新生児グッズの情報収集!ベビーザらスへ行きました。

妊娠6ヶ月の妊婦です。

辛かったつわりも終わり、体調が安定してきたこともあり、最近気になりだしたのが新生児グッズの準備についてです。

ネットの情報には、「新生児用グッズは準備は安定期に入ったら少しずつ始めましょう」と書いてありますが、実際のところどうなんだろうと思っています。

不吉なことを言うようですが、まだまだ先の長い妊娠生活ですから、この先何が起こるか分からないものです。
無事に生まれてきてくれるのが一番だけれど、張り切って準備をしてしまった後に万が一のことがあったら…と思うと、あまり早いうちからの新生児グッズの購入に前向きになれません。

知識だけは付けておいて損はないと思い、それから毎日新生児グッズの情報収集に燃える検索魔と化しました。

そんなある時、ベビーザらスで「プレママストアツアー」というものをやっていることを知りました。
過去に参加した人のブログに、「当日は何も買わなかった」という情報があったので、早速電話で予約をし、翌週末に主人と一緒に来店しました。

このストアツアーは妊婦さん対象で、店員さんがマンツーマンで店内を案内しながら、商品説明をしてくれます。
最初に見てみたい商品を聞かれますので、その商品以外は特に説明もされません。

私達は、チャイルドシート、ベビーカー、抱っこ紐、ハイローチェアの4つを説明してもらいました。

最初に見たのは抱っこ紐です。

店員さん曰く「ほとんどの方がエルゴを買われますね」とのことでした。
私も、抱っこ紐はエルゴ一択かなと思っていたので、予想通りでした。

実際に体に着けてみて、着け心地やフィット感を確認させてもらいました。
肝心の赤ちゃんの重みがないので、分からないですが、重みを感じにくい造りになっているなと思いました。

抱っこ紐は機能的には各商品にさほど差がないので、デザインで選ぶといった感じでしょう。主人と兼用で使いたいので、男性でも抵抗なく使えるデザインを選ぶことになるとは思います。
価格は2~3万円くらいでした。

続いて、チャイルドシート売り場へ行きました。

チャイルドシート選びのポイントは、「車がISO-FIX対応かどうか」と「回転式かどうか」だそうです。

まずはISO-FIXについて。
2012年7月以降に発売された車は全てISO-FIX対応とのことですが、我が家の車は私の父から貰ったお古ですので、ISO-FIX対応ではないようです。
従って、シートベルトでの固定が可能なタイプのチャイルドシートを選ぶことになります。

自分の車がISO-FIX対応かどうか分からないという方も、車種と年式が分かれば店員さんに調べてもうらことができます。

次に、回転式についての説明。
回転式は機能上ガッシリとした造りになっていて、本体の重さも15㎏以上あります。
ワンタッチで横に回るので、なんと言っても赤ちゃんの乗せ降ろしが楽なのがポイントです。車高が低い車に乗っている人や、車中心の生活をしている人には、使い勝手の良いこのタイプがおすすめだそうです。

確かに、車種や生活パターンによって必要な機能は違ってきますよね。
我が家はミニバンタイプの車に乗っていて、車は週末に近所に買い物に行く程度ですので、回転式でなくてもいいかな、という印象でした。

回転式だと価格は5~6万円、回転しないものだと2~3万円が相場のようです。
店員さんのアドバイスを聞いて、だいぶ選択肢が絞られました。

チャイルドシートもこの2つの違い以外は好みの問題でしょう。
赤ちゃんの頭を守るクッション素材が良いとか、シートが丸洗いできるとか、メッシュ素材だから通気性が良いとか、商品毎に特徴がありますから、予算に合わせてどれをチョイスしようかな、という感じです。。

次はベビーカー売り場に行きました。

ベビーカーは、口コミでもとにかくコンビの「メチャカル」シリーズが人気なようです。
店員さんの話でも、実際にメチャカルは良く売れているそうです。

気になったベビーカーは実際に押してみると、小回りの利き方の違いがよく分かります。
他にも、畳みやすさや畳んだ時の持ちやすさ、持ってみたときの重さなどもチェックさせてもらいました。
こちらの価格は、4~6万円かかる見込みです。

最後に見たのはハイローチェアです。

ハイローチェアは、キャスター付きの赤ちゃん用イスのことです。
新生児の時は、背もたれを倒して簡易ベッドとして使用でき、おすわりが出来るようになったら椅子として使えます。

ハイローチェアを選ぶポイントは「電動オートスイング機能付きかどうか」だそうです。

電動オートスイング機能付きの商品は、スイッチを入れると自動でベッドがゆらゆらしてくれます。
俄かには信じがたい話ですが、赤ちゃんの入眠に効果を発揮するそうです。

ハイローチェアの選択肢はアップリカとコンビのほぼ2択でした。
両社とも、電動スイング機能あり・なしのものを発売していますので、予算に合わせて選ぶことをおすすめされました。

価格は電動機能付きのものだと6万円前後、電動でないものだと1~3万円程度です。

気になる4アイテムを見て回って、だいたい1時間半かかりました。
本当に何も買わなくて大丈夫でした。

実際の購入はまだ先になりそうですが、気になっていた商品を間近で見ることができたし、おおまかな予算感が掴めたので、大満足のストアツアーでした。

「新生児グッズを買うにはまだ早い」というプレママさんたちも、情報収集がてら気軽にベビーザラスのストアツアーに行ってみてはいかがでしょうか。
akachan_ninshin


スポンサーリンク