2015年06月05日 一覧

スポンサーリンク

上の親知らずを抜きました

この前、いつも行っている歯科で親知らずを抜いてもらいました。

上と下に1本ずつ表面に出てきているそうで、まずは上から抜きましょうと言われました。

友達に聞くと、「上の方が痛みは少ないよ。

下はかなり痛い」と言われ、少しホッとしました。

あれ?でも下もいずれは抜くんだったと結局凹みます・・。

歯科に行くとまず歯のブラッシングをしてもらって、傷口に菌が付かないようにしてもらいます。

そして先生が来ると「今日は上の歯を抜きますからね」と改めて説明され、いきなり注射。

歯医者さんって躊躇しないですよね。

説明が終わったと思ったらすぐに注射器を取り出して「ちょっと痛みますね」とすぐに指します(笑)
でも今って注射器は電動で、刺された感じでは針が細い気がしました。

子供(中学生くらい)の頃は内科で打つような注射でめちゃくちゃ痛かった思い出がありました。

今は周りから少しずつ麻痺させて目的の所を刺すような感じで、その頃にはもう麻痺してて痛くないという感じです。

歯科医の技術の進歩に感謝感謝。

そしていよいよ親知らずの抜歯です。

麻酔のおかげで痛くはないのですが、なかなか抜けなくて、先生は相当力を入れています。

私も首に力を入れないと持っていかれるくらい(笑)

相当長い時間格闘していましたが、単独では抜けず、一回ドリル?で歯に傷を入れてから再度挑戦している感じでした。

麻酔をしていなかったらとんでもなく痛いんだろうなと思います。

そうしてようやく全てを取り除くと少し穴が空いている感触があり、違和感がありますが、さらにこの後まだありました。

傷口を縫合するそうです。

なんとなく縫っている感じがわかります。

そしてそれが終わると終了。

痛み止めをもらって帰りました。

家に帰ってしばらくすると、じーんとした痛みがありました。

痛み止めを飲むと収まり、次の日には痛みはありませんでした。

でも穴ぼこが開いていて、ごはんを食べるとご飯粒がちょうどその穴にすっぽり入って取れません(笑)

今はそれだけが少し面倒ですが穴がふさがってくるまでしばらくは辛抱します。


スポンサーリンク