一覧

スポンサーリンク

美味しかったです(*^_^*)

S__41279491S__41279492

たけの子パイいただきました~
そんなに有名なお菓子だなんてしらなくて、なんと『秘密のケンミンSHOW』でも紹介された京都山城の名物!らしいです。
たけの子っていわれなけらば、何かのフルーツかなって感じるくらいにほんとにおいしくいただきました。
ごちそう様でした。


たまに食べるカップラーメンは美味

今日は食事が一人だったので手を抜いてカップラーメンにしました。

元々麺類全般大好きで、しょっちゅう麺を食べています。

ラーメン・うどん・そば・パスタ・担々麺等々、「麺」だったら種類を問いません。

カップラーメンも好きなのですが、あまり食べ過ぎると体に良くないと思ってたまにしか食べません。

で、今日はその「たまに」に当たる日だったのです。

コンビニでカップラーメンのカレー味、しかも「大盛り」を買ってみました。

家に帰ってすぐに電気ケトルでお湯を沸かし、ふたを開けてお湯を注ぎ、三分待ちました。

この三分間が普段過ごす中で感じる三分間よりも、ものすごく長く感じるのは私だけでしょうか(笑)

そして、いよいよ三分待った後にふたを開いて、中身をよく混ぜて(カレー味のカップラーメンは特によく混ぜないとスープが後半どろどろになりますからね)一口食べました。

感想は・・・「やっぱりたまに食べるカップラーメンは美味しい!!」です。

この「たまに」がミソなんです。
その昔、頻繁にカップラーメンを食べていた時期があったのですが、カップラーメンの日が続けば続くほど段々と飽きてきます。

味を変えてもやっぱり飽きるのです。
濃い味付けだからでしょうか?

たまに、くらいが丁度良いのだと思います。
さて、先ほどのカップラーメンを食べ進めていくと程なく満腹感が襲ってきました。

昔はこれくらいの量をペロッと平らげていたのに・・・。

全部食べ切る前にお腹いっぱいになるだなんて、私の胃袋はどうしてしまったのかと驚きを隠せませんでした。

やはり人は年と共に食が細くなるという話は本当だったようです。

身を持って実感しました。でもまだ残っているカップラーメン、このまま残すのは勿体ないなぁと思って一気に食べきってしまいました。

この食べ物であふれかえった世の中、少々残しても誰からも咎められることは無いのに、ついつい胃袋の中に押し込めてしまう。

あぁ、こうして人は太っていくのですね(涙)


たまには健康志向から離れてみるのもよい

夏野菜の代表といえば、ナスが挙げられると思います。

ちょっと葉物野菜やトマトなどが、この夏の猛暑で(>_<)不作になり、そのせいでお値段も少しずつ高くなっている中で、ナスは安定の安さで手に入るので、最近は我が家の食卓の定番になっています。

しかし、私は、ナスが油を吸うというのが(・。・;とても気になるので、できるだけできるだけあっさりとした調理法にしています。

たとえば、大葉とミョウガと一緒に漬物にしてみたり、電子レンジで加熱したナスをしょうが醤油に漬けて冷蔵庫で冷やした蒸しナス。

週一で、麻婆茄子と、カレーに茄子を入れた「夏野菜カレー」というように、できるだけ揚げ物では茄子を使わないように(・_・;)心がけていたのです。

でも、先日夫から「お前のナス料理に飽きた」というひどい一言をなげつけられ、売り言葉に買い言葉で、「だったらあなたがもっとおいしいものを作ってよ」といってしまったのです。
すると、夫が本当にナスの揚げ浸しを作ってくれました。
ナスを厚めの輪切りにして、たっぷりの油で素揚げして、それに酢醤油とにんにくしょうがの薬味を入れたタレに2時間ほど漬けて、味をしみこませます。

そのナスは、素揚げをしたので色も青みがよく出ていて、見た目にも鮮やかであるだけでなく、ナスの身がとっても柔らかく、トロッとなって、ナスは油との愛称がとっても良いんだということを(*^_^*)思い知らされました。

あんまりにも油の摂取に気をつけたり、健康志向を追及しすぎると、おいしいものを食べられなくなるんだなぁということに気づいてみたりして、たまには健康志向を忘れて、油たっぷりのナスを忘れてもいいもんだと思いました。


マカロンの作り方はいたってシンプル

子供の頃から料理が大好きで、お菓子作りもよくやっていた。

好きが高じて、仕事をしながら製菓学校へ通うことを決意し、いつか仕事をリタイヤした後にお菓子作りでも教えられたらと思っている。

製菓学校へ通っていた時期にブームになったのがマカロン

授業でも洋菓子実習で作っていたが、美味しいというだけでなくマカロンの作り方を勉強するととても考えられたお菓子だと感じましたそもそもお菓子は、卵やバターと砂糖、粉を混ぜて作るもの。

なかでも卵の卵黄はとても多く使われる。どうしても卵白が残りがちになりますがが、これを有効に使って美味しいお菓子を作る。

その代表格がマカロンです。マカロンの作り方はとてもシンプル。

混ぜて焼くだけです。卵白を泡立ててメレンゲを作り、粉砂糖を入れてしっかりとしたメレンゲを作ります。

ここでしっかりとしたメレンゲができないと、生地にコシがなく、焼いている最中にダレてきてしまいます。

ここにアーモンドプードルを入れて風味よい生地にする。

基本的な生地はこれで完了。マカロンの特徴的なカラフルな生地は、ここで着色料を入れることになる。生地を分けてそれぞれ焼きたい色にする。

オーブンペーパーに生地を丸く絞り、そのまま1時間ほど乾燥させる。

表面に薄い膜ができたら200~210°のオーブンで3分ほど焼き、一気に膨らませる。その後は130°に落として7~8分ほど焼く。

冷めてからオーブンペーパーを剥がして、間に好きなクリームを挟めば完成。

マカロンの作り方はとてもシンプルで簡単、そして見栄えもするので一度は作ってみる価値があるお菓子です。

東京にもマカロンの作り方を教えているところはたくさんあるので、みなさんもどうですか。


コーヒーが好きです

私はコーヒーが好きなので、目覚めの一杯は絶対コーヒーがいいです。

しかし、旅行へ行ったり、出張へ行くとコーヒーがあっても自分の好きな味ではない時があります。

これにはガッカリしますが、仕方がないので諦めて飲んでいます。

ミルクや砂糖を入れずに飲みますが、出来るだけ濃いものがすきです。

時々食べ放題で用意されている焦げ付いたコーヒーもなかなか好きな味です。

たまに紅茶やジュースを飲むこともありますが、その後なんだか調子が出ないので自販機で買って飲んだりします。

仕事の合間にカフェに行くこともあり、そのお店のコーヒーを飲むのも楽しいものです。

ファーストフードのコーヒーも以前よりずっと美味しくなってきているので嬉しく思っています。

以前は自宅でマメをひいて飲んでいましたが、平日は時間がないのでなかなか出来ません。

水出しコーヒーと看板が出ているお店を見つけると入ってしまいます。

コーヒーは私にはなくてはならないものです。

cafe_siphon


最近夫婦でハマってるもの~鶏皮のパリパリ焼きについて~

最近、夫婦でハマってるものがあります。それは、鶏皮のパリパリ焼き

夫は私に出されるまでこの料理を知らず、「本当に美味しいの?」などと訝しんでいたのですが、一口食べさせたら彼はもうバクバクと箸が止まらなくなっており、その後は2日に1回のペースで鶏皮のパリパリ焼きを作ることとなりました。
ちなみに鶏皮のパリパリ焼きはかなり作るのがカンタン。

スーパーマーケットで買ってきた鶏皮を適当な大きさにカットし、片栗粉と塩胡椒をまぶして焼くだけでいいのでおつまみを毎日作らなきゃいけない主婦にはうってつけです。

しかも鶏皮のパリパリ焼きは、ローコストで尚且つお腹に溜まる。

安い時は200gが100円程度で買えてしまったりしますし、冷めても美味しいのでちみちみ食べながらビールを飲む…

といったことができてしまうのです。

鶏皮のパリパリ焼きを主人に出す以前は、正直何度も何度もおつまみを作るために台所と居間を往復していたのですが、鶏皮のパリパリ焼きを出すようになってからは往復する回数が劇的に減りました。

やはり、冷めても美味しい揚げ物というのは便利です。

わたしもこのレシピが大好きなので今後も作り続けるつもりですし、今度彼の妹(パリパリ焼きに興味津々)にも細かいレシピを教えてあげるつもりでいます。

kitchen_taimen


私の卵料理のこだわり?!

卵料理が大好きで、卵料理を見るとすごく食べたくなります。

目玉焼き、卵焼き、オムレツなどが好きで、誰かが食べていると我慢ができなくなるくらいです(笑)

目玉焼きの好きな食べ方は、納豆1パックにたいして2つの目玉焼きを混ぜて食べるのが好きで、食べている時はすごく幸せな気持ちになります

目玉焼き1個だと何か足りない気がして、2個入れると、ちょうど良い濃厚さになります。

黄身は半熟がベストで、硬すぎると納豆とうまく絡まないので、少しでもトロっとしていたほうが美味しくなります。

そして、卵焼きは絶対に甘い派です。

生まれた時からずっと甘い卵焼きを食べていたので、体が甘い卵焼きを欲してしまいます。

私の中では、卵焼きはスイーツだと思っています。

冷めて食べると、ケーキみたいになって、幸せの味になります。

何か甘いものが食べたいな~と思うときは、卵焼きを作ります。

オムレツは、チーズをたっぷり入れるのが好きなんです。

チーズをたくさんいれると、まろやかで、濃厚で、とにかくすごく美味しくなります

チーズの塩気だけで美味しく食べることができるので、ケチャップいらずです。

なので、オムレツはいつもケチャップをかけずにそのまま食べています。

こうして書いてみて、本当に私は卵料理が大好きなんだな~と改めて思いました!

food_ham_egg


無農薬のお米を食べてそのおいしさに気付く

少し前、友人夫婦の家に私はお呼ばれしました。

どうして私が招かれたのかというと、それはちょっとした誕生日パーティーをするためです。

旦那のほうがその日誕生日だったのですが、夫婦二人だけというのもさびしいとのことで、旦那の友人である私が盛り上げ役として呼ばれたのでした。

と言っても、何か特別にいろいろとやるわけではなく、ただ単に話を盛り上げたり誕生日ケーキを一緒に食べたりなど、役に立っているのかどうかは正直わかりませんでした。

ただ、友人夫婦はどちらもにこやかな顔で本当に楽しそうだったので、少しは訪れた甲斐があったのかなと思いました。

そのとき、どうせなら夕飯も食べていってはと誘われたので、その好意に甘えることにしました。

その友人夫婦の家で食事をするのは初めてだったのですが、ご飯がとてもおいしかったです。それを奥さんに伝えると、無農薬のお米を使っているからだろうと答えました。

最近では無農薬のお米や玄米を利用する家庭が増えていると聞いていましたが、まさか友人夫婦がそうしているとは思いませんでした。

そして、無農薬のお米や玄米で炊いたご飯はやはりおいしいのだなと、そのとき改めて感じました。

私はそこまで無農薬であることにこだわるタイプではなかったのですが、そのとき食べた食事を境に少し考え方が変わりました。ですので、これからは無農薬のお米や玄米にも注目していきたいですし、その機会を与えてくれた友人夫婦にはとても感謝したいです。

その友人夫婦のご家庭で使用されているのはこちらの滋賀県産の無農薬のお米や玄米です

kome_fukuro


大型ショッピングモールに行きました

tatemono_department_store

先日、家族で大型ショッピングモールに出かけました。
普段は節約のためこういった場所は訪れません。
だから皆、特に子供二人が(^^♪ウキウキしていました。

今回の目的は子供の新しい服です。
節約のためも(^_^;)ありあまり買わないようにしているのですが、成長期なので服のサイズが合わなくなり、何枚か新調することになったんです。

色々と試着してみて、いいと思ったものをそれぞれ3枚ほど購入し服探しは終了です。
その後は夫の靴を見たり自分の靴を見たりしながら時間を潰しました。

そんなこんなで夕食の時間になりました。
たまには外で食べようと予め決めていたので、モール内で飲食店を探しました。

そして決まったのが、バイキング形式のお店です。
普段は来ないからこそ全員!(^^)!わくわくですね。
実はこの家族、食べるのが好きなんです。

特に夫が(ーー;)よく食べるので、バイキング形式のお店は彼にとって満足の行くものだったでしょう。

おいしいサラダ、カレー、唐揚げ、パスタなどがあり、皆心ゆくまで食べました。自分は寿司が(*^^)v一番お気に入りですね。

バイキング形式の店は好きなだけ食べれるのが利点ですよね。
しかも食べ放題なのに味もおいしくて、本当に満足です。

こんな感じで休日は♪楽しく終わりました。
たまにはこんな(*^_^*)贅沢もいいものですね!


10分でふわふわ、レンジケーキ

私には、1歳7カ月の娘がいます。

元気いっぱい食欲も旺盛で1日3回の食事の他に2回のおやつを食べます。

おやつは果物やおにぎりなどが中心ですが、たまには甘いものもと思い最近たまに食べさせているのが、レンジケーキです。

sweets_cupcake

一般的にケーキというと、泡立て機で時間をかけて混ぜて、さらに事前によく温めておいたオーブンで40~50分焼いて・・というイメージがあるかもしれませんが、レンジケーキは作り始めてから食べるまでわずか10分で完成してしまいます。

耐熱容器(グラタン皿など)に、ホットケーキミックス、サラダ油、卵、牛乳、砂糖、ココアなどを入れて、お箸でぐるぐる混ぜるだけ。

あとはレンジに入れて5分弱温めれば、中でモコモコと膨らんでふわふわの温かいスポンジケーキができます。

娘の大のお気に入りで、このケーキをレンジであたため始めると香りで分かるのか、食べる前からニコニコしながら部屋をぐるぐる歩き回るのがとても面白いです。

短時間で作れるおやつを、他にも覚えて食べさせてあげたいなと思います。


スポンサーリンク