その他 一覧

スポンサーリンク

色次第で遮熱塗料の効果が変わってくる事も

遮熱塗料が効果を発揮するか否かは、状況に左右されます。

状況によっては大きな効果が発揮される事もありますし、それほど温度が低下しなかったという事例もあります。

ではどのような要素で差が生まれるかというと、色ですね。屋根部分に対しては元々塗料が塗られていますが、その色次第では効果が違ってくると言われているのです。

そもそも色というのは、光の吸収と大きな関係がありますね。

一般的に濃い色の場合は、光の吸収度合いが大きくなると言われています。

つまり黒い色や紺色などは、多くの光を吸収してしまう一面があるのですね。

このため屋根の部分が元々黒い色になっているような時には、ちょっと夏場は暑くなると考えた方が良いでしょう。

逆に屋根が白くなっている事もありますね。

白い色の場合は光を反射しやすくなりますので、それほど夏場は暑くならない事もあるのです。

そして遮熱塗料が効果を発揮しやすいのは、やはり黒だと思います

光が吸収しやすくなっている所にその塗料を塗る訳ですから、それで室内の気温が8度ほど低下するかもしれません。

しかし白色の場合は、8度ではなく5度や3度などと少し低下する度合いが低くなる場合があります。

もともと白色は光を反射しやすい性質を持っている訳ですから、その塗料を塗っても劇的に温度が

下がるとは限らない事もあります。

特に室外機が白い時などは、その傾向が顕著と言われているのですが。

このようにその塗料で建物内の温度が何度ほど下がるかは、色に左右される事もある訳ですね。


お土産のパワーストーン

この前実家に帰って部屋の片付けをしていたら、懐かしいものが出てきました。
それはパワーストーンです。

私はパワーストーンに特に興味があるわけではないのですが、このパワーストーンは私にとって特別です。
その割には実家で眠らせてしまっていましたが…(笑)

私は子供のころ妹と仲が悪かったんです。
とにかく気が合わなくてほとんど口もきかないくらい険悪でした。

その妹が小学生で私が中学生だったときのことです。
妹が学校の行事で遠足に行くことになりました。
妹はすごく楽しみにしていて何日も前からそわそわしていましたが、私は勉強や部活が忙しくて妹の遠足のことなど心底どうでもいいと思っていました。

私がそんなふうに思っていたのに、妹は遠足のお土産を買ってきてくれたのです。
家族みんなのためにと言って買ってきたお菓子とは別に、私だけのためのお土産も買ってくれたのでした。
私は驚きと戸惑いでどう反応していいかわからず、とりあえずお礼を言いました。
本当は嬉しかったのですが、そのときはそっけない言い方をしてしまったんじゃないかと思います。

包みを開けてみるとパワーストーンが出てきました。
淡いピンクの綺麗な石で、紅水晶・愛を育む愛の石」と書いてある紙も一緒に入っていました。

それから高校を卒業して実家を出るまで毎日それを持ち歩いていたのです。

powrstione

そのときはちゃんと妹に感謝の気持ちを伝えられなかったので、今回改めてしっかり「ありがとう」と言いました。

妹は「そんなのまだ持ってたの?」と笑っていました。

別にパワーストーンがきっかけだったとは思いませんが、今は妹とすごく仲がいいですヾ(=^▽^=)ノ


着物の良さをもう1度見つめ直す(^_-)-☆

29i

現在、日本人の女性が普段着として着ているのは、99%以上が洋服だと思います。それは、人が多く集まる大都市であっても、閑散としている田舎であっても変わりありません。

しかし、今から数百年さかのぼった過去に日本人の女性が普段着として着ていたのは、洋服ではなくて着物でした。まだ、洋服の文化が日本になかったころは、当然のように着ていました。時代劇物の映画やテレビドラマを観ると普通に着ていますので、そのことは誰もが知識として知っていると思います。
そして、とても数少ないケースではありますが、普段着として着物を着ている女性がまったくいないというわけではありません。

街へ出かけたとき、素敵な着こなしをしている老婦人をたまにですが見かけることがあります。そうすると、その老婦人がとてもとして見え、年齢は関係なく美しさを
感じます。
どうしてそんな風に感じるのかというと、それはやはり古き良き日本を無意識的に良いと感じているからだと思います。

着物は洋服に比べて着るのがとても大変です。
帯を締めるにしても手間がかかりますし、左前になってはいけないとか守るべき制約があったりします。
そういうことをひっくるめて「着付け」という言葉があるくらいですし、洋服に比べると自由にできる部分のほうがずっと少ないです。

しかし、そうして制約がある中できちんと着こなすからこそその良さが際立つのです。それはまさに日本人女性ならではの奥ゆかしさを表現していますので、そんなところに
良さを感じるのだと私は思います。

現代は女性が奥ゆかしさを尊重して控えるよりもどんどん積極的に前へ出て行く時代ですから、そんな時代の移り変わりを考えれば動きやすくて着やすい洋服が普段着の大半を占めるのは当然のことです。しかし、それがすべて良いというわけではなく、日本を長らく支えてきた着物の良さをもう1度見つめ直し改めて評価していくことが、とても大切なことだと私は思っています。

そんな文化の無い外国の方には、着物が人気なんでしょうね!
(*^_^*)


大阪のレンタルドレス店を利用して参加予定です

私はもう30代の中盤なので特に珍しくもないことなのですが、ここ最近は同世代の友人男性がどんどん結婚式を挙げています。
世間の傾向としては男性も女性も晩婚化だと言われていますが、私の周りでは私を除いてどんどん結婚していくんですよ。

もちろん、そうして友人男性が結婚していくのは嬉しいことなのですが、独身男性がかなり減ってしまって、私も結婚を考えなければいけないなあとしみじみ思っています。

そんな中、先日大阪でウェディングを挙げたのは、中学生のころから同級生だった腐れ縁の友人です。
その友人は中学生時代からとても人気のある奴で、常に彼女がいるようなませた子どもだったのですが、そんな友人がやっとめでたく結婚できて本当に良かったですよ。

また、大阪へ旅行に行ったときに知り合った地元の女性と結婚したので、そのまま大阪に住むというのですから驚きです。
まあ、その友人の職業はフリーランスのデザイナーですので、あまり仕事場所は関係ないのかもしれませんね。

そんな事情ですから大阪でウェディングが行なわれたわけですが、私としては大阪観光も兼ねていたのでとても楽しめましたね。

また大阪でウェディングを行なったからかどうかはわかりませんが、東京のウェディングより笑いの耐えないとても楽しい雰囲気でそれが新郎新婦をより幸せそうに見せていました。

私が見ている限りでは、勝手な想像ですが新婦はとても気が強そうなタイプに見えました。
友人は浮気性なので浮気の心配がありますが、あの新婦ならばきっちり歯止めがかかりそうだと感じました。
そんな尻に敷かれる友人の姿が目に浮かびました。

友人はとても行動力のある男なので新婦のためを思って大阪へ引っ越したのでしょうし、大阪でウェディングを挙げたのだと思います。
そんな友人のことを見ていると何やら嬉しいような悲しいような寂寥感に包まれるのですが、友人はかなりにこやかな笑顔でしたので、それが彼の幸せなのだと素直に祝福してあげたいです。

私たちも大阪のレンタルドレス店を利用して参加予定です。

th3QGQGXSR


レンタル絵画を必要とする業種

レンタル絵画を必要とするのは、どんな業種なのでしょう。
季節ごとに絵画のレンタルをして雰囲気を替えたいという業種があてはまりそうですね。
たとえば、レストランや旅館・ホテル。
季節感を大事にしそうです。
一般の会社の応接室などでも、レンタル絵画を取り入れることによって、「お客様を大事にしている」アピールが出来ると思われます。
レンタルなどの絵画が人気なのは、レンタルのため、購入するより高価ではないことが理由のひとつ。
また、季節感のある絵画の場合、その他の季節の間の保管に手間とお金がかかるということが挙げられます。
手軽で格安の絵画のレンタルを上手に利用すれば、サービス業の場合には集客アップにもつながりそうですね。

th05OHREV8


点字ブロックと点字鋲

目が見えて普通に歩ける健常者にとっては道を歩くのもさほど困難ではありません。(TmT)

体力的に歩いていて疲れることはあってもどこを歩いているかを把握することができるのです。

しかし目の見えない方や高齢者からすると普通に道を歩くのはとても難しく敷居が高いものなのでした。

私は七十を超える高齢者で目が見えにくくなっているので点字ブロックと点字鋲があれば
その先に何があるかを判別しやすいです。

全ての道についているわけではありませんが都会では大分設置されているところが多くなってきました。

駅のホームや歩道橋の前などは点字ブロックと点字鋲が設置されていると大変助かるのです。(^○^)

都会での暮らしも長いので全ての道に設置されてくれれば同じような方も安心して外出できるのではないかと願っています。

070


スポンサーリンク