一覧

スポンサーリンク

信号の変わりぎわと裏道の恐怖を教える事故車

私は街中に住んでいるため、ラッシュ時には長い長い車の列をよく見かけます。
我が家のそばにある小さな交差点は、よく衝突事故が起こる有名なところです。

家にいながらも、ドンという鈍い大きな音と振動を感じると、「アッまたやったな」と心が重くなります。
外に出てみると、つぶれた事故車と飛び散った破片。
スピードがさぼど出ていないので死亡事故にはなりませんが、すぐそばに検察庁があっても灯台下暗しか、お巡りさんは大きな交差点ばかりを指導しております。
最近やっと歩行者信号が付き、「注意、衝突事故多し」という看板がたちました。

我が県は交通事故が多く、交通マナーの悪いところとして、不名誉な名前があがっています。免許の書き換えで見せられる事故車は、本当にひどいものです。
他県から来られた方々が皆さんおっしゃることは、「どうして黄色で止まろうとしないのか」という疑問です。
「黄色は注意!そう教えられているのに、ここではスピードをゆるめただけで、後ろの車に怒られる」といいます。

転勤族や出張で来られた方々は、こぞってマナーの悪さを指摘されます。
そこで、夫をはじめ地元のドライバーに聞いてみました。
すると、「車の走行には流れがある。黄色で誰も止まろうとしないのに、一人がブレーキを踏んで流れを乱すと、危ない危ない!事故になる」という答えでした。

何を勝手なことをと思うのですが、はじめはマナーが悪いと非難していた方も、慣れてくれば地元民と同じことを言います。
慣れとは、ある意味おそろしいと思う次第です。

大きな通りはまっすぐで、交差点も多いため信号も沢山ついています。
そこにラッシュが重なると、一つの信号をわたるために、信号待ちの時間が長くかかります。それをさけるために、ドライバーの皆さんは、信号のない裏道を通ります。
そのような方が多くなると、裏道にも車の列ができてしまいます。
そして、我が家の近くにある小さな交差点のように、衝突多発地帯ができるわけです。

そこは住宅街でもあるので、車、自転車、バイク、歩行者、子供や高齢者まで入り乱れて、とっても危険な時間帯があるのです。
ベテランドライバーさんにはうっとうしい信号でも、運転が苦手な私には守り神。
安心して右折、左折ができるように導いてくれます。

今は、歩行者や自転車も交通指導がなされていますので、無茶苦茶な行為は罰金ものです。
しかし、裏道を走るときも、大通り以上に細かな注意をおこたらす、無事故を心がけましょう。
不可抗力に巻き込まれないのも、日頃の心がけですね。


裏道の道路脇の草と交互通行の渋滞

昨日の朝のことですが、いつも通りに仕事に行こうと車を運転していると、途中の山道で片側通行の交通規制をしていました。
何やら先で工事しているような感じだったのですが、朝の通勤の時間帯というのもあってか、かなり長い車の列が出来ていました。
大きな国道が近くにあるのですが、この一本入った細い山道は、私のような地元の人たちがこぞって裏道として使う道です。
そこで足止めを食らってしまうと、急いでいる時にはちょっと焦ってしまいます。

時間にして5分くらいでしょうか。
しばらくのろのろと進んで、作業している現場を通り過ぎたときに、すぐ脇の雑木林の木を切ったり、草を刈っている様子が見えました。
そういえば、最近は日に日に伸びてきていて、だいぶもっさりしていた記憶があります。
勢いよく生えてきているので、車道にはみ出しているような草もありました。
この山道はすぐ脇に木が生えていたり、ちょっとした崖があるような本当に地面を舗装しただけの道です。
きっとこうやって時々手入れをしてあげないと、どんどん道路に侵入してきてしまうのでしょう。

この道は街灯も少ないので、深夜の真っ暗な時間帯に走っていると車に当たる草でびっくりしてしまうこともあります。
以前、人気のないところで、急に車にふぁさーっと木の枝などが当たったことがありました。本当に真っ暗なので一瞬何が起こったかわからずに、すごくびっくりしてしまいました。
ちゃんと道路脇の木や草を刈っておいてくれれば、そんな風に不意の驚かされることもなくなるかもしれません。

しかし、除草してくれるのはありがたいのですが、車線規制や交互通行にするなら事前に教えてもらいたいものです。
こんな裏道を使うのはみんな急いでいるなので、そういう事情というのも考慮してもらえると助かります。
事前に知っていれば迂回したり、別のルートで行くこともできるし、こんなに渋滞にイライラすることもありません。
おかげで昨日は仕事に遅刻してしまうんじゃないかと、朝からドキドキしてしまいました。
513285s


バッテリーをあげてしまいました

我が家は週末にしか車を遣いません。

先週末に車で買い出しに行こうしたのですが、バッテリーが上がってしまっておりすごく焦ってしまいました。

どうやら更に1週間程前に車を利用した際、室内灯を点けっぱなしにしてしまっていたようです。

その時は、近所に住んでいる親の車と繋がせてもらい何とかエンジンをかけることができました。

無事に買い物は終えたのですが、親が一度上がってしまったバッテリーのまま走行するのは心配だから交換した方が良いと言うのです。

近所の車屋さんに聞いてみると私の車のバッテリー交換には2万弱の費用がかかると言われました。

安全と安心への対価とはいえ、今の私にとって正直2万円はきついのです。

今月は妹夫婦への新築祝いと職場同僚への出産祝い、来月は従兄妹の結婚祝いがかかります。貯金はありますが、一度崩すと歯止めがきかなくなるので、出来れば手をつけたくありません。

バッテリー自体はピンきりみたいで、ネットで調べると安いもので数千円というものもありました。でも、私にそう知識があるわけではないので、下手なことして車に悪い影響を与えることになっては仕方がありません。

私の車のメーカーの純正品を調べてみると1万8000円程するみたいだったので、2万弱は妥当な金額なのでしょう。

やっぱり1万円をケチって故障のリスクを負うよりは純正品を使っておいた方が何かと安心ですよね。しかし、今は本当にきついのです。

車に詳しいと自称している友人が言うには長期間放置していたり、長年使用して劣化したものならともかく、放電させただけなら充電すれば問題ないそうです。

私の車は新車で購入してまだ半年程なのでそう劣化はしていないと思います。

放置も1週間で長期間という程でもないと思います。今日も近所を走ってみましたが特に問題は感じませんでした。

でも、所詮は自称でプロではないので一度きちんと見てもらおうとは思っています。

後、3ヶ月後であれば何とか余裕がでるのですが、それまで保ってくれるでしょうか。


自動車は便利だけどお金がかかる

自動車を持つと、とても便利で良いですよね。

まず行動範囲が大きく広がりますので、休日の過ごし方がとても充実してきます。

家族がいれば家族と一緒にドライブするだけでも良い気分転換になりますし、テーマパークやショッピングモールへ遊びに行ったりなど、自動車を持つことによって暮らしが豊かになることは間違いないと言って良いでしょう。

ただ、それを維持するためにはやはりお金がかかってしまいますね。

自動車を走らせれば走らせるほどガソリン代がかさみますし、それ以外にも洗車をしたりバッテリーを交換したり、ちょっとでも車体に傷をつければそれを塗装して修理したりなど、何かにつけちょこちょこと自動車はお金がかかりますね。

そして、定期的にある車検についてもそうです。

車検を無料で済ませることができれば本当にありがたいのですが、実際は有料です。

車検をするための人件費が少なからずかかっているのですから、それはしかたがないことでしょう。

ですから、車検に関するお金を用意しておくということもとても大切ですね。 

たとえば、私の友人が住んでいる奈良で車検をするという場合、どのくらいのお金がかかるのか調べておかなければなりませんね。

つい最近その友人が車検を奈良でしたようで、その話題になったのです。

友人は普段からお金に細かい性格をしているので、大げさではなくて「1円でも安い車検ができるところを」と考えていたようです。

私は関東在住ですので、奈良で車検をするとどのくらいお金がかかるのかまったく想像つかないのですが、まあどこでもそんなに相場は変わらないのかもしれませんね。

友人は奈良の田舎に住んでいるので、都会よりは少し安いのではないかと思うのですがどうでしょうか?

今度電話で話すときにはもっと突っ込んで詳しく話を聞いてみたいです。

自動車は車検によってお金がかかりますがそれもちょっとした努力次第で少しでも安く抑えられる可能性がありますので、私も車検をするときは努力したいです。


事故車買い取りを上手に利用すれば悩みも解決ヾ(=^▽^=)ノ

思わぬ不慮の事故で愛車が壊れてしまうということもあるのではないでしょうか。

愛着があるので直せるものであれば直したいけど、状態によっては修理不能と診断され廃車にするしか方法がない!と言うことも多々あります。

通常廃車にする場合には廃車費用が必要になりますし、代わりの車を購入しても事故車の場合には下取りしてくれない場合がほとんどです。
そんな事故車の処分に困った場合には、事故車買い取りを利用すると悩みが解決するかもしれません。

現在国内には事故車を専門で買い取る業者が多数存在しています。
故障で走らなくなったものや、事故で廃車にするしかないような状態のもの、車検が切れて動かすことが出来ないものまで、ほとんどの事故車などを買い取ってくれます(*^▽^*)

普通なら費用を出して廃車にしなければいけないのに、買い取って貰えることにより逆にお金を貰えるわけですから一石二鳥だと言えますヾ(=^▽^=)ノ

事故車買取業者は、買い取った車を商品として扱いますから、直せるものは直しそうでないものは資源として有効に活用してくれます。

主な事故車の行先はほとんどが海外だと言われており、海外に太いパイプを持つ事故車買い取り専門業者だからこそ、どのような状態でも買い取ってくれるわけです。

自分が乗っていた愛車が、事故車となった後でも海外でまだまだ活躍できるかと思うと、非常に嬉しい気持ちにもなれるでしょうし、何より処分に困っていたという悩みも解決できるわけです。

ほとんどの業者が事故車の見積もりは無料で出張査定を行ってくれますから、費用がかかるということも無いようです。

買取には普通車の場合には車検証の原本、ナンバープレート、印鑑証明書が必要ですから必ず準備するようにしましょう。

軽自動車の場合には車検証とナンバープレートのみでOKですから、手続きが非常に簡単です。
もし事故車の処理で困っている場合には、一度事故車買取り業者に相談をしてみれば良いのではないでしょうか。
また、そのような業者は事故車だけでなく不動車も買い取りしている場合が多いようです。

026


事故車の買取方法

seatbelt_yes

先日、主人が車をガードレールにぶつける単独事故起こしてしまいました。幸い、本人に怪我などはなく済んだ
のですが、車は大きな傷になり、修理しないと乗れる状態ではなくなっていたのです
しかし、我が家は車両保険に入ってなく、修理代は(-_-;)全て自分持ちです。
簡単に見積もりを取ってみましたが、今の我が家では支払うことの出来ないような見積もりの結果が来たのでした。

我が家の場合、車は2台あり、今は1台でも生活する事ができる状態であったので、思い切って手放そうという事になったのです。その方が車にかかる必要経費も減り、今の家計にも優しいと言う事になり・・・。
そこで迷ったのが、事故車の買取の場合、修理をしてから買い取ってもらう方が良いのか、そのまま買取に出した方が良いのかという事です。
事故車と言っても、まだ3年しか乗っていない車で、走行距離も2万キロ弱で、まだまだ乗れる状態の車です。
また、外傷はひどいもののエンジンなどの
主要箇所には損傷はなく見た目を綺麗にすれば大丈夫状態でした。しかし、事故車は事故車です。そんな事故車の買取をしてくれるところがあるのか心配でしたが、ネットなどで調べてみると色々な業者が買取をしてくれるという事。
しかも、修理などせず、そのままの状態で買取ができるという事だったのです。

早速、いくつかの中古車販売店をあたり、査定を行ってもらう事に。
もちろん、綺麗なままの状態での査定額とは大きく違うのでしょうが、私が思っているよりか良い査定金額の提示をもらう事ができたのです
これには、私も主人も大喜び。その業者の人に聞いたところ、修理に出すより、このままの方が差引得になる場合がほとんどという事で、我が家も事故車のまま買取に出す事にしました。
初めは、(>_<)事故車などどうしようかと悩みましたが、結果的には売却する事ができ一安心
このお金を元手に、また車が必要になった際は、新しく車を購入しようと考えています。

 


スポンサーリンク